財団法人亀岡市都市緑花協会 本文へジャンプ

 入学記念樹の贈呈 


小学校に入学される児童の皆さんに、記念樹を贈呈しています。
入学記念の思い出づくりと、自らの成長とともに生育する樹木を見ることで
花や緑への思いやりを養い、自然の大切さや生きることの素晴らしさを感じ、
学んでいただくことを目的としています。

以下の2種類の樹木の中から、希望されるものを選んでいただきます。
取りまとめや配付は、各小学校を通じて行っています。






 人気がある花木 ≪ツツジ≫


【別   名】 ―
【科 / 属名】 ツツジ科ツツジ属
【樹   高】 低〜高木
【花   期】 4〜6月
【名前の由来】 花が筒状に咲くので、筒花からの転訛とされています

 
特徴
北半球の温帯を中心に800種以上が知られ、日本にも数十種が分布しています。さらに園芸品種が多数あり、花形や花色もさまざまです。常緑、半常緑、落葉があり、低木〜高木まであります。

 
ヤマツツジは半常緑低木
ヤマツツジは半常緑低木で、多くの園芸品種があります。ミヤマキリシマは九州の山地に自生します。モチツツジは萼(がく)に粘りがあり、淡紫色の花です。キシツツジは兵庫県以南の渓谷の岸辺に自生します。リュウキュウツツジはキシツツジとモチツツジの交配種で白色の花、ケラマツツジは亜熱帯の山地に自生します。オオムラサキはリュウキュウツツジとケラマツツジの交配種で、径6〜7cmの大輪の花がつきます。

 
関東地方に多いミツバツツジなど
ミツバツツジは関東地方に多く、3〜4月、葉が出る前に紅葉色の花が開花します。レンゲツツジは日本全国に広く分布し、橙赤色の花ですが、キレンゲツツジの花は黄色です。アカヤシオはツツジの仲間では寒さに強いほうで、一重の桃色の花が開花し、白い花のゴヨウツツジ(シロヤシオ)、紅紫色の花のムラサキヤシオもあります。

 View Calendar
10 11 12
観葉
















開花                  
果実                  

ツツジ    ツツジ    ツツジ



 日本を代表する花木 ≪サクラ≫


【別   名】 ―
【科 / 属名】 バラ科サクラ属
【樹   高】 5〜25m
【花   期】 10〜5月(種類による)
【名前の由来】 咲耶(さくや)、咲きむらがる、咲麗(さきうら)などからの転訛や略など
        の説があります

 
特徴
一般に花見といえばサクラの花を想定するぐらい、日本全国で親しまれている花木です。サクラ前線は暖地から北上しますが、開花期は、古くから農業暦として利用され、農作業の大切な目安になっています。落葉高木で、園芸品種は400種以上あります。

 
地域限定の種類もある
サクラの種類や品種には、さまざまなものがあります。花色、咲き方、大きさ、樹高、分布地域などそれぞれに特徴があります。
例えば、ヤマザクラは東北地方以南に分布し、高さ10〜25m。花は若葉とほとんど同時に咲き、淡い紅白色の一重咲きです。エドヒガンは本州以南の全国に分布し、高さ20mになります。3〜4月、葉がでる前に開花する早咲き種です。品種にシダレザクラがあります。

 
各地に広がったソメイヨシノ
オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、高さ8m。明治の初めに品種名がつき、以後急速に各地へ広がり、サクラの代表種にまで普及しました。

 View Calendar
10 11 12
観葉          
開花 ■  ■         
果実                

サクラ    サクラ    サクラ