財団法人亀岡市都市緑花協会 本文へジャンプ
 第26回 花づくりコンクール 



市長賞 西別院小学校 花づくりコンクール
植えて終わりではなく,育てるための継続された活動を実践させることで『生き物』に対する責任感を培えるよう,花づくりを通じて考えさせています。継続的な世話を順番に担当し,管理する力を養えるよう活動しています。
教育長賞 大井こども園 花づくりコンクール
頂点を濃い色にしてグラデーションを意識することで,より広がりが感じられました。異年齢でプランターを運び,友だちとどこに並べるかを考え,協力し合う子どもたち。園を花で飾り,みんなに喜んでもらえることを楽しみにしていました。
教育長賞 南桑中学校 花づくりコンクール
咲き終わったプランターの撤去と同時に,次の花を植え付けるための土づくりを行いました。子どもたちがプランターを運び,土づくりの準備をします。花の色を合わせて植える工夫も,子どもたちが考えました。
教育長賞 詳徳中学校 花づくりコンクール
生徒会本部の生徒たちを中心に,プランターから土を取り出し,残った根も取り出しました。その後,色調を考えながら植えていきます。生徒たちは,本当に楽しそうに,笑顔と笑い声の絶えない植え替え作業となりました。
都市緑花協会
理事長賞
千代川こども園 花づくりコンクール
園児は,慣れた手付きで苗を取り出し,花を傷めないように手のひらで優しく受け止める姿が見られ,子どもたちの花への思いやりが,かい間見える瞬間でした。大切に世話をする中で,相手を思いやる優しい気持ちが育つように願っています。
都市緑花協会
理事長賞
畑野小学校 花づくりコンコール
放置されていた空間。子どもたちから「花の世話をしたい」と申し出てくれました。異年齢で班別に取り組み,高学年が低学年に優しく教えている姿は,和やかで微笑ましく思いました。美しい花が咲き誇ったのは,子どもたちの日頃の世話の成果です。
都市緑花協会
理事長賞
大井小学校 花づくりコンクール
植え付けで土を入れるときは,隙間に丁寧に入れていきます。指を入れて点検をしながら,抜けがないようにしっかりと入れます。立体感のある花壇ができました。来校される方に楽しんでもらえています。
審査員特別賞 本梅小学校 花づくりコンクール
ポットから苗を取り出した後,根の部分を軽くもみほぐしてから植えることなど,委員会活動で学んだことを実践します。花壇のレンガの低さに気付いた児童たちが,休み時間を利用して石を積み上げ,囲いに高さを出してくれました。