財団法人亀岡市都市緑花協会 本文へジャンプ
 第15回 花づくりコンクール 



  市長賞   千代川保育園 花づくりコンクール
今年は柱にもプランターを付けたり、壁にもプランターを増やしたりと、1つひとつプランターの花が見えるように段差を考え、創意工夫しながら昨年度に増してとても明るく賑やかな玄関にしました。これからも緑溢れる花いっぱいの保育園を目指し、花づくりを通して情緒溢れる優しい子どもたちに育つよう、また、保護者や地域の皆さん等に喜んでもらえるように、子どもたちと一緒に取り組んで行きたいと思います。
 振興局長賞  亀岡中学校 花づくりコンクール
平成16年度より始めたPTA本部・施設厚生委員会が中心となった「花いっぱい運動」も5年目を迎え、すっかり定着しました。環境美化に対する意識は生徒の中でも年々高まっており、クラブ活動と両立して取り組んでいます。
  教育長賞   本梅小学校 花づくりコンクール
夏の太陽に映える色の花を中心に、玄関の高低差を利用して花を配置しました。
  教育長賞   大井小学校 花づくりコンクール
児童の栽培委員会の活動として、腐葉土作りをしました。校内の落ち葉を集め、大きなビニール袋に入れ、できた腐葉土は花壇に入れて使います。
  教育長賞   詳徳中学校 花づくりコンクール
各クラブから代表生徒が集まって、プランターに苗を植えます。水やりも生徒が当番でします。毎年、男子生徒も女子生徒もこの取り組みを楽しみにしています。今年はプランターにクラブ名のプレートを付けて世話することにより、クラブ員同士の繋がりも更に深まりました。
  理事長賞   川東保育所 花づくりコンクール
種から育てたビオラやチューリップが満開で、「赤いチューリップが咲いた」「黄色が咲いた」と、日々喜んで花開くのを心待ちにして楽しめました。ビオラの花に優しく大事に水やりする子どもの姿を見ると、花への労りと花の楽しみを知ってくれたように思います。
  理事長賞   つつじケ丘
小学校
花づくりコンクール
2・3・4年生が、入学する新入生を祝福するために、昨秋から育てて来たものです。入学式後、中庭に集めて花畑を作ってみました。ノースポールやサクラソウの柔らかな感じがパンジーとマッチして、子どもたちや来校者の目を楽しませました。
  理事長賞   育親中学校 花づくりコンクール
土作りは学校の落ち葉を集めて寝かせて腐葉土を作っています。古い土を利用して、石灰や油かす等を混ぜて、4月まで寝かせておきました。苗を植えてからは、毎朝、水やりをして花が枯れないように気を付けて来ました。また、根を下ろしてから追肥料をやり、元気に育つように気を付けました。
  審査委員  
特別賞
大井保育園 花づくりコンクール
月に2回、職員と子どもたちが一緒になり、全園児で花づくりに取り組んでいます。子どもたちも、毎朝、花の様子を担任に報告してくれるようになり、園児1人ひとりと向き合う時間が増えました。子どもたちが水やりを積極的に頑張ってしてくれています。花づくりの活動を通して、たくさんの触れ合いや命の大切さを体験しながら学ぶことができました。
  審査委員  
特別賞
詳徳小学校 花づくりコンクール
校門は学校の顔でもあります。子どもたちや来校者、保護者を気持ちよく迎えるために花は欠かせません。花のある環境は、落ち着いた学校生活を支えてくれます。地域の皆さんにも「美しい花ですね」と言っていただいており、地域の環境美化にも一役かっています。